いつの間にかご主人様と呼ばれ…だがM女には、表には出さない気持ちがある。 心の中で思う事もたくさんある。 私が不器用なのか…S男としての…誰にも言わない、明かしていない心をふと書こうと思った。


by nodandy

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

甘い味と苦い味…

■Mail to 管理者■

いつの間にかSMを味わい
いつの間にか…
“甘味と苦味”を
知ったように思うのです。

ただの愛欲か…
愛情表現か…
ただの変態的な行為か…

私には…『魔法の鍵 』
閉じられた扉を開き
繋がれた鎖を解き放って
あげられた鍵…

冷たく暗い場所から暖かい場所へと通してあげれた
魔法の鍵なのです。。。

■Mail to 管理者■


=====================
■不倫・恋愛について…■
■隣の芝生SM雑記帳■
■ 壊れた玩具…・  ■
■言葉の持つ意味…■
■さやかさんのブログ■
■ Heart on Body ■
■秘密himitsu真実shinnjitsu゙■
■Glamorous■
■壺中ノ天■
届かないアドレス

■FC2-BlogRanking■

=====================


ASPアクセス解析

以前の記事

2010年 08月
2010年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月

カテゴリ

全体
はじまり
気持ち
M女
話しはそれるが…
懺悔
心の殻
ご主人様の心の中
未分類

お気に入りブログ

言葉の持つ意味・・・・
不倫の時間

最新のトラックバック

お仕置きを望む女
from 壺中ノ天

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

恋愛・結婚
メンタル

画像一覧

『主の価値…深海にいるM女』

f0134048_17221297.jpg

『Mかどうかはそりゃ君すぐにゃ~判らんが…』

病を患った知人が初めて自分の“数値”を知らされた時の話を聞いた…。
『その数値“○○○”ってのは…一体どういうもんですか?』と、
軽~い気持ちで聞いたそうだ。。。
もちろんそれがどんなものか彼は全く“判らなかった”からだ。
つまり…“自分の位置”が…“自分がどういうもの”か…判らなかったのだ。

すると医者は…
『あんた何言ってるんだい!コレとんでもないコトだよ!』と…
大声で叱り今彼がいるところがどんなトコか怖~い説明をしたそうだ。
そう言われて初めて彼は『ナニ~!』っと驚き恐れ…やっとの事、
それが大変なコトだと知ったそうだ。
その検査をするまで、“自分”が…どういうものか判らなかったのだ…。
つまり…変な言い方だが
その医者と出会うまで…自分が高いのか低いのか…右か左か…前か後ろか…
自分のいた“位置”が彼は全く判らなかった。


そんな事を考えているとふと…ある光景を思い出した。海に潜った時の光景だ。
スキューバダイビングをしたコトがある人は判るかもしれないが、
ダイバーは深い海に潜ると、特に海面も見えぬほど潜り…海底さえ見えないトコロだと…
自分がどこにいるのか…どっちに向いているのか…どの位置にいるのか全く判らなくなるコトがある。

まるで暗い海の中にポツンといるような…どっちがどうか…自分がどこにいるのか…
ちょっとした事で上下すら、ふと判らなくなる。。
怖い事だが…そこで恐怖にかられると自分が何者かさえも見失い
深い水の中なのにマスクをはずしレギュレータ(酸素を吸う器具)さえも
外してしまう事もあるそうだ。 

そこで感じるのは孤独…不安…何かでも掴むものが欲しい…ここから逃げ出したい…。 
そんな感覚だろうか…。
“自分がドコにいるのか判らない”その恐怖と孤独と不安に苛まれ…
どうしたらいいか判らなくなり…末は自分がどんなものか判らなくなりかねない…
そんな空間だ…。 


その事をぼんやり考えると…
人は皆、海の中にいるのと同じかもしれないぞと思えた。

そして・・・
主と出会えず彷徨っているM女は…その身体は太陽の光を受け賑やかな人間社会にありながら
心は深海の暗い海の中に彷徨っているのと似ているのかもしれないなと…そう思えた。


冒頭の知人はその医者と出会って…やっと“自分”を知り、自分の“位置”を知った。
自分がどんなものかを知り、そして向かうべき方向さえ知った。。。

ダイバーはバディ(いっしょに潜る相棒)がいると、その相棒を見る事で孤独から開放され、安心し、
その相棒から出る泡や相棒自身を見て、自分の位置や上下左右を知る事が出来る…。 
バディがいるのといないのとでは、その安全と安心感は天と地ほどにも違いがあるといえる。。。


主を持たず深海の中を…孤独の中でもがき彷徨っているM女は…
“主”と出会う事で自分の位置を知り、自分がどういう者かを知り、どこへ行くのか、
自分がどういう価値なのかさえ知る…。
主との出会いで…その孤独と不安や自分がどこにいるのか判らない恐怖や、
自分が何者か判らなかったそんな時間から開放される(のかもしれない)…。


すると…深海でもがくM女に比べると普通の女性は…結構浅い海にいるって事か…
太陽の光が届き、その温もりを感じ周りが見え、自分の位置を見失う事があっても深海ほどではない。 孤独の苦しみも…怖さも…深海ほどではない。 (かもしれない。。)
普通の人同士の出会いは…まるで海面近くでの出会いのようで、
たとえ別れに苦しみがあったとしても…深海のように、暗く寒く寂しいその無の空間にまた戻る…
そんな怖さまでは加わらない(のかもしれない)。。。

ならばM女にとっては“主が居る、居てくれる”という事が…
他の何よりも大きく重い事になる…。

そういえば…自分の主はど~だこ~だと言ったり他の主の事をあ~だこ~だと言っていた女性を以前目にした事があったけれど…(笑) もしかしたらその人達は主の価値を…見た目や経験(?)や技術(?)やなんだかんだで見て比べたのではあろうが… それは“その主がいる事”の重さをつい忘れ…そこが深海だというのをも少し忘れてしまったのかもしれないぞと思えた。
ちょっと笑えた。。。(笑) 

もし貴方が太陽の光を浴び賑やかさに囲まれていても
心はまるで深い海にいるようなそんな感覚を感じるなら…
貴方には主が必要なのかもしれない。
[PR]
by nodandy | 2007-07-02 17:48 | M女