いつの間にかご主人様と呼ばれ…だがM女には、表には出さない気持ちがある。 心の中で思う事もたくさんある。 私が不器用なのか…S男としての…誰にも言わない、明かしていない心をふと書こうと思った。


by nodandy

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

甘い味と苦い味…

■Mail to 管理者■

いつの間にかSMを味わい
いつの間にか…
“甘味と苦味”を
知ったように思うのです。

ただの愛欲か…
愛情表現か…
ただの変態的な行為か…

私には…『魔法の鍵 』
閉じられた扉を開き
繋がれた鎖を解き放って
あげられた鍵…

冷たく暗い場所から暖かい場所へと通してあげれた
魔法の鍵なのです。。。

■Mail to 管理者■


=====================
■不倫・恋愛について…■
■隣の芝生SM雑記帳■
■ 壊れた玩具…・  ■
■言葉の持つ意味…■
■さやかさんのブログ■
■ Heart on Body ■
■秘密himitsu真実shinnjitsu゙■
■Glamorous■
■壺中ノ天■
届かないアドレス

■FC2-BlogRanking■

=====================


ASPアクセス解析

以前の記事

2010年 08月
2010年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月

カテゴリ

全体
はじまり
気持ち
M女
話しはそれるが…
懺悔
心の殻
ご主人様の心の中
未分類

お気に入りブログ

言葉の持つ意味・・・・
不倫の時間

最新のトラックバック

お仕置きを望む女
from 壺中ノ天

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

恋愛・結婚
メンタル

画像一覧

子供と大人…子供のセックス、大人のセックス

f0134048_1651621.jpg

『捨てられるM女と捨てられないM女』

親族の行事があり、そこに7歳の女の子がいた。
なぜかやけにその子に気に入られた。
その女の子はお寺の庭をいろいろと探検しまくり、例えば小さな穴をみつけては『こんなんあるで。見て。ほら…』と、虫が潜んでいそうな穴を示すので『うわ…そいつはすげーな…気色悪い…』と…私は答える。 
いい大人が地面に座り込んで見入る。

すると、女の子はニコっと笑ってまた地面に視線を戻し、『うあ…こんなのもあるよ…ほら見て…』と、丸虫の抜け殻を見つけてはまた知らせてきたから『ウゲ…気持ち悪い…、じゃあ、これでもくらえ~!』とその子の方へその丸虫の抜け殻をピンと小さく飛ばしたらその子は“キャ~ハッハッハ”と笑いながら逃げるんだが、また近くに戻ってきては次の新しい何かを見つけて報告してきてまた何か始まる(笑)。

面白い(笑)。
ウンコ座りして夢中で地面をジ~と見ては指先で虫の穴を探して土の表面をほじほじするなんて何年振りやら…。 それに…面白い…子供は自分で楽しみを作り出すんだ…。
子供はたかだか大人に与えられる存在のくせに…と思いながら私はその子に惹き付けられた。

いや、言っておくが…その子が夢中になるおかげでチラチラ見えるその子のパンツが気になったわけじゃない。 私はロリコンの趣味はない。 

大人は子供にいろんな物を与えているから子供より偉いと思ってる。 しかしそんな事はない。 

大人の中には掃除や片付けが苦手なヤツがいる。(私も入る…) 
しかし反対に部屋を掃除し片付けてどこかのホテル並みにキレイにするヤツもいる。 
そいつらの言い分はこうだ。
『だってキレイな部屋で過ごすと気持ち言いやン、ほら、快適だろ?』って。 
確かに部屋をキレイにすればそこに“快適”が生れる。 

だがキレイにしない人間の中には…片付けや掃除をせず、汚い部屋で平気でいるくせに例えばどこかへ泊まりに行く時には“きれいなホテル”に泊まりたがるヤツがいる。 
自分が汚い部屋で平気なら泊まるホテルも汚いホテルでいいはずなのに…って思うのに(笑)。

つまりこういう事だ。 自分の部屋をホテル並みにキレイにするヤツは“快適さ”を自分で作り出し、自分やそこに訪れる友達や共に過ごす誰かに快適さを“与えている”。 
反対に、自分では部屋はきれいにしないくせにどこかに泊まる時にはキレイな所を望むヤツは、そいつは“与えられてる”だけで“欲しがる”だけって事だ。 
え?金払うんだからいいじゃないかって?
金ってのは…欲しがるヤツの所へは行かず、例え行ったとしてもそこには留まらずに、結局何かを“作り出し”…“与えている”ヤツのところへ行く天下の回りものだ。 

つまりだ、
人には2種類の人間がいて、片方は何かを作り出して“与えて”いる人間で、もう片方は欲しがり、与え“られて”いる人間…という事だ。 

人はなぜか“何かを作り出し”、“与えている”人に惹き付けられてしまうもので、
ただ“欲しがり”…“与えられたい”と望んでいるだけの人に惹き付けられる事は
あまりない。 なぜだか逆にそういう相手からは離れていこうとするものだ。

だとするなら…
SMのS男とM女の関係にもご主人様と愛奴の関係にも…男と女の関係にも、
夫婦や彼氏彼女という関係にも、そういったものがあるのかもしれない。

そういえば…男女の関係で、その関係を良好な状態で続ける秘訣は“お互い何かを与え合う事”とも言われるが、主従関係のM女の中にはよく“頑張って何でもご奉仕してるのになぜかいつも捨てられる…”という人がいる。 

なぜだろう…。なぜだと思う…? 

言われた通り『ご奉仕』することはM女からすると“相手に与えてる”と思ってしまいがちだ。 だが…実際はそうするだけでは自分が思う程、相手に何も与えていないという事なのかもしれない。  なぜならその『ご奉仕』を“生み出している”のはご主人様なんだから。。。
“何かを作り出している”のがご主人様ならば…もしかしたらそのM女のご奉仕は“与えている”のではなく、ただ“応えている”だけで、実は相手であるご主人様は“何も与えてもらってない…”と、そう感じているのかもしれない…。 

自分は何を与えられているのか…自分は何を与えているのか…
それは相手が望んでいる事なのか…
それが見えたら、もしかしてその関係がどういうものか見えてくるのかもしれない…。


ん?「そうだね~、時たま子供に教えられるんだよね~」って?
い~や、別に子供に教えられたんじゃない。 私が気づいたんだ(笑)。

私に妙になついたその女の子を見て『いや~女性にもてますな~ハッハッハ』と、周りの大人(?)達がチャカしてきやがった。

“当たり前だ。ご主人様なんだから…”と…つい心の中でつぶやいてしまう…。
子供に与えられているクセに。。。
困ったもんだ…。
[PR]
by nodandy | 2007-04-17 16:38 | M女