いつの間にかご主人様と呼ばれ…だがM女には、表には出さない気持ちがある。 心の中で思う事もたくさんある。 私が不器用なのか…S男としての…誰にも言わない、明かしていない心をふと書こうと思った。


by nodandy

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

甘い味と苦い味…

■Mail to 管理者■

いつの間にかSMを味わい
いつの間にか…
“甘味と苦味”を
知ったように思うのです。

ただの愛欲か…
愛情表現か…
ただの変態的な行為か…

私には…『魔法の鍵 』
閉じられた扉を開き
繋がれた鎖を解き放って
あげられた鍵…

冷たく暗い場所から暖かい場所へと通してあげれた
魔法の鍵なのです。。。

■Mail to 管理者■


=====================
■不倫・恋愛について…■
■隣の芝生SM雑記帳■
■ 壊れた玩具…・  ■
■言葉の持つ意味…■
■さやかさんのブログ■
■ Heart on Body ■
■秘密himitsu真実shinnjitsu゙■
■Glamorous■
■壺中ノ天■
届かないアドレス

■FC2-BlogRanking■

=====================


ASPアクセス解析

以前の記事

2010年 08月
2010年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月

カテゴリ

全体
はじまり
気持ち
M女
話しはそれるが…
懺悔
心の殻
ご主人様の心の中
未分類

お気に入りブログ

言葉の持つ意味・・・・
不倫の時間

最新のトラックバック

お仕置きを望む女
from 壺中ノ天

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

恋愛・結婚
メンタル

画像一覧

消えない…。

f0134048_23292031.jpg

『消えないアザ』

確か…27か8くらいの頃、
ある女性と付き合ってた。
互いに本名を知らず
“珠りん”という呼び名だけ。 綺麗な子。
どんな仕事をしてるかも知らない。
気軽な出会いで始まった気軽なつきあいだから相手の事を聞くと嫌がるかもしれないという変な気遣いで、お互いに何も聞こうとはしなかったのです。 お互いに…それでもいいというつきあい…。
彼女もそう振舞っていた。

私が知っている事と言えば…彼女が私よりちょっと年上だという事くらい…。
多分当時向こうも既婚者ではなく…多分おカタイ仕事をしている…
なんとなくそう感じてた。

時間が空いたら私が連絡をし、都合が合えば会う…
ぶっちゃけた話、セックスフレンド。
お互いがお互いに都合のいい相手を演じてた。

会えばする…。 ホテルでも外でもどこでも…。会えばたくさんする。 
とことんイヤラシく…とことん激しく。 する為に会う。それだけ…。

でも…いつの間にか都合を合わせる必要がなくなってきた。
望むと必ず会いたい時に会えて“この日はムリ”がなくなった。
私がしたい事、望む事は決して拒否せず何でもしてくれた…。
だから高速を飛ばして会いにいった。 
夜の湾岸高速を飛ばして会いに行くのも私は気に入ってた。

ある時ホテルで、まだ服を着たままの“珠リン”をいっぱいに抱きしめ
髪に顔をうずめながら“好きか?”と聞いたとき、
“好き…ああ~好き!…”と、そう吐き出した。
でもすぐ、“ゴメン…”と、
珠リンはつい出してしまった朱色の言葉を悔いながらそう打ち消した…。

なぜいつも私の方から電話をかける事になっていたのか…
なぜいつも都合よく会えるのか… なぜ…それを許してくれるのか…

蜘蛛の糸でつながっていた付き合いは蜘蛛の糸のようにいつのまにか
切れていて、軽い出会いと軽い付き合いに見合うような軽い別れに
なっていた。 

なのに、いつまでたっても消えやしない…。


懺悔すべき事はたくさんある。
ありすぎて困る。 色男でもないのに…。 
愚かで…。

これはご主人様と呼ばれるようになる前の話で、SMと関わらないが、
その時に感じた事は今の私を作る大きな基になっているように思う。
そして、今もなお胸に引っかかっている…。
[PR]
by nodandy | 2007-03-15 23:43 | 懺悔