いつの間にかご主人様と呼ばれ…だがM女には、表には出さない気持ちがある。 心の中で思う事もたくさんある。 私が不器用なのか…S男としての…誰にも言わない、明かしていない心をふと書こうと思った。


by nodandy

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

甘い味と苦い味…

■Mail to 管理者■

いつの間にかSMを味わい
いつの間にか…
“甘味と苦味”を
知ったように思うのです。

ただの愛欲か…
愛情表現か…
ただの変態的な行為か…

私には…『魔法の鍵 』
閉じられた扉を開き
繋がれた鎖を解き放って
あげられた鍵…

冷たく暗い場所から暖かい場所へと通してあげれた
魔法の鍵なのです。。。

■Mail to 管理者■


=====================
■不倫・恋愛について…■
■隣の芝生SM雑記帳■
■ 壊れた玩具…・  ■
■言葉の持つ意味…■
■さやかさんのブログ■
■ Heart on Body ■
■秘密himitsu真実shinnjitsu゙■
■Glamorous■
■壺中ノ天■
届かないアドレス

■FC2-BlogRanking■

=====================


ASPアクセス解析

以前の記事

2010年 08月
2010年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月

カテゴリ

全体
はじまり
気持ち
M女
話しはそれるが…
懺悔
心の殻
ご主人様の心の中
未分類

お気に入りブログ

言葉の持つ意味・・・・
不倫の時間

最新のトラックバック

お仕置きを望む女
from 壺中ノ天

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

恋愛・結婚
メンタル

画像一覧

タグ:カメ ( 1 ) タグの人気記事

カメになりたいと思った。

f0134048_13361295.jpg


現実から逃げるように胸をおさえて足をひきずるようにトボトボと歩いて
小さな橋にかかった時、
ふと足をとめて池の水面をみたんよ。

冷たい風が吹いていて背中を丸めてて…
でも寒いから背中丸めてたんじゃなくて痛かったからだが、
何が痛いって…色んな事が痛かったわけだ。

いやいや違うって。
別に“M女の気分を味わってやろう”とS女王様に頼んで尻をベチベチ叩かれてみたわけぢゃないって。

まるで体の不自由なおじいちゃんが小刻みに方向を変えるように
まるで志村けんがマジメにおじいちゃんのモノマネをしてるように
体の向きをなんとか変えて池の水の中に目をやったんよ。

すると大きなカメが泳いでやがった。

すい~~っと足と手を動かしてスイ~~っと水の中を進みやがるんだ…

気持ちよさそうだなぁ…って思った。

太陽のない日、
沈んで疲弊憔悴して今にも泣いちゃいそうな気持ちと同じような天気の中
そいつだけは“すい~~~~”っと泳いでやがった。
片方の手と反対側の足を“すい~~~~”っとかる~く動かして
能天気に“すい~~~~”っと泳いでやがる…
私がそのカメだったら軽~く鼻歌歌いながら“ふふ~~ん~”ってな感じで
何も考えずにすい~~っと泳いでる、そんな感じ…。

“…いいなぁ…”


素直にそう思った。


“あ~カメになりたい…”ってそう思ったんよ。

“いいなぁ…カメになりたいな~…”


そのとき胸にあった辛さや悲しみらしきものや、ぬぐってもぬぐってもぬぐい切れない自責の念や他人を責めたい思い…結局そこにあったのは何にもない自分である事の失望とか劣等感、悔悟の念をカメになったら全部忘れられるんじゃないかって思ったんだよ。


“……カメになりて~な…”…心底そう思った。

みんな仕事に行ってる時間、いや仕事してなくてもどこかで何かをして社会の一端を担って生きてるだろうに、私にはな~んにもなくて落ちぶれた落伍者になっていて本当にみすぼらしいカッコして“ミジメ”ってのがどんななのかを心身ともに心底味わってた。


消えかけの火…
まるでそんな言葉が合いそうなくらい憔悴して失望して落胆して弱ってたわ。
なにせ“カメになりたい”なんてホンキで思うんだからね。

でも考えればだが…
能天気に泳いでるように見えるカメも生まれてから弱肉強食の厳しい世界をなんとか生き延びてなんとか勝ち残ってだからこそそうやって草履以上に大きくなりやがって今能天気にすい~~っと泳いでいやがるんだと思ったらどこも同じかもなぁとそんな事を思った。
“がんばったんだなぁお前は…”なんて呟いてた。


人間って不思議なもので気持ちひとつで幸せにも不幸せにもなる。
気持ちひとつでどっちにも転ぶ。現実も気持ち次第で訪れる事も変わるように思う。

今の私はこうやって能天気に新しいパソコンで駄文を書き入れられる能天気な時間を取り戻す事ができたけれど、それは“今の自分にはなんの価値もない”と思える事実に囲まれ、実際世の中のどんな人であろうと誰も見向きもしないくらいまったく価値を持たなかったそんな私に“それでも価値がある”と言い放ち、そう接してくれた者のおかげだと思う。

ひとつ仕事を立ち上げもうひとつ仕事を立ち上げやっとそれらが形になってきてやっとこさホッと一息つけた気分になれたけど…あの時のミジメな気持ちは今も忘れられんわ…
今でもその事を思うと胸がキューキュー鳴きやがる。。


ホントにな~んにもなくなってまるで全てをなくしたような私にはたった一つ残ったものがあって、それが私の大事な宝物になったが…それが物語るのはきっと価値を与える事ができるものが価値を得る…という事のように思う。
そいつはたくさんのものを与えてくれた…

世の中に多くのご主人様たらんとする者がいるけれど、
果たしてアンタは誰かにちゃんと価値を与えていられるかい?

さてさて…
果たして私は誰かに価値を与えていられるのかいな…



あ~

思い切り噛み付きたい…


ん…“何を?”ってか?


教えてやらん(笑)。
[PR]
by nodandy | 2010-08-01 15:08 | 懺悔