いつの間にかご主人様と呼ばれ…だがM女には、表には出さない気持ちがある。 心の中で思う事もたくさんある。 私が不器用なのか…S男としての…誰にも言わない、明かしていない心をふと書こうと思った。


by nodandy

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

甘い味と苦い味…

■Mail to 管理者■

いつの間にかSMを味わい
いつの間にか…
“甘味と苦味”を
知ったように思うのです。

ただの愛欲か…
愛情表現か…
ただの変態的な行為か…

私には…『魔法の鍵 』
閉じられた扉を開き
繋がれた鎖を解き放って
あげられた鍵…

冷たく暗い場所から暖かい場所へと通してあげれた
魔法の鍵なのです。。。

■Mail to 管理者■


=====================
■不倫・恋愛について…■
■隣の芝生SM雑記帳■
■ 壊れた玩具…・  ■
■言葉の持つ意味…■
■さやかさんのブログ■
■ Heart on Body ■
■秘密himitsu真実shinnjitsu゙■
■Glamorous■
■壺中ノ天■
届かないアドレス

■FC2-BlogRanking■

=====================


ASPアクセス解析

以前の記事

2010年 08月
2010年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月

カテゴリ

全体
はじまり
気持ち
M女
話しはそれるが…
懺悔
心の殻
ご主人様の心の中
未分類

お気に入りブログ

言葉の持つ意味・・・・
不倫の時間

最新のトラックバック

お仕置きを望む女
from 壺中ノ天

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

恋愛・結婚
メンタル

画像一覧

カテゴリ:話しはそれるが…( 6 )

『ぷ~~~うぃッ!』

f0134048_18384517.jpg


前に“叱る”事について書いたが、その時どうにも書きたくて仕方ないものを思い出してしまい…
ついにがまんが出来なくなったので今日書く事にした。  
懺悔だ。


剣道を習った事がある。
近所の公民館で中学1年から習いはじめた。
普通は皆小学校低学年から始めるようで、初級クラスで一番の年長さんだったからちょっと恥ずかしかったが、おかげでちびっ子どもの中でサル山のボスのごとくいつも掛け声をかけさせられた。  
先生は叱咤の激しい強烈な先生だった。 
大声で叱り飛ばし体罰もへっちゃらで私もよく頭をはたかれた
(当時はまあそれが許された)。


剣道はなんといっても礼に始まり礼に終わる。 それがいい。
1日の練習の初めには道場の真ん中に横一列に並びきちんと姿勢を正して座禅し、1~2分ほどの“黙想”をする。 気持ちを静め、精神を統一するんだ。

『黙想~!』という私の大きな掛け声とともに一斉にちびっ子らはその黙想をはじめ、その時間、皆微動だにせずシーンと静まりかえる道場内にピーンと張り詰めた空気が漂う。
私の好きな瞬間だ…


   が…


その緊張感漂う重く張り詰めた空気を事もあろうに私が鋭く切り裂いてしまった。
いや…正確に言うなら“私”ではなく“私の尻”だ。。。
“私”じゃあない…。 

私はもちろん精神集中していたんだ…。
私に罪はない…。 

ただ…私の尻が勝手に…それも事もなげにその張り詰めた緊張感を打ち砕いたんだ…。
“ス~~”でもなく
“ブ~~”でもなく
“ぶりぶり~”でもない
水前寺清子のモノマネをするときに“ん~にゃっ”っと最後の部分を若干あげるように
軽快に、高らかにそしてなんとも伸びやかに “ぷ~~~うぃッ” っと…  

まるで自由の喜びを精一杯満喫するような清らかで誇らしげな音を響き渡らせたんだ。。
(“うぃ”のところを上げ目に読んでください。)


誰も予想だにせずふいに訪れたあまり“にほひ”を感じさせない音に
“1秒・2秒・3秒…”と…先ほどとは明らかに違う何かが爆発する直前にあるような静けさが流れ…
とうとう耐え切れなくなってすぐ隣の子が“ぶふ~ひっひっひ~”と肩を震わせ思わず噴きだしてしまった。 

思わず噴き出したその子に釣られて他の子たちも笑い出そうとしたその瞬間
『パシーンッ!!』とその一番最初に噴き出したその子のホッペに雷が落ちたが如く思いっきりの平手打ちが先生から食らわされた。 一瞬にして道場が凍りついた。。。
違った緊張が閃光のように道場に駆け巡ったわけだ…。


そりゃ仕方がない…
“ぷぅ~っ”でだって耐えるのは難しい…
なのに“ぷ~~~うぃッ”だ。。。 “うぃッ”ってのがついてるんだ…
屁の音で水前寺清子の“ん~にゃっ!”のモノマネをしたようなものなんだから
それが張り詰めた静粛の中で突如襲い掛かってきたら一体…一体誰が耐えられるんだ…


私も次に『ケツを閉めんか!』と殴られるかと一気に身体をこわばらせたが…
顔を耳まで真っ赤にしつつも“知りませんよ~私は黙想にいそしんでますよ~”という姿勢が功を奏したのか、あるいは「屁は自然に出るものだ」と理解を示されたのか…なぜか私には平手打ちは飛んでくる事はなかった。。。それがつらい…。

しばしの黙想が続き、“辞め~い”と掛け声をかける私の横ではヒックヒックとほっぺを腫らしたチビっ子が涙をすする音が耳に響く…
それでも私はそ知らぬ顔をして“礼!”と次の掛け声をかけていた。


その赤く腫れたほっぺを見たお母さんにその子はなんて説明したんだろう。。。
『隣のお兄ちゃんが~』ってな感じだろうか…
そのお母さん…なんて思ったんだろうね…



礼をした後、『いいかみんな~! 覚えておくんだ~!』と…
大声で先生の今日の訓示が始まった。


『たとえ~! 隣で屁の音がしても~ッ!』



先生、そりゃいかんよ…。


小学生にそんな風に屁の話をしたら誰だってまた噴き出すさ…
ほらみろ…また誰かが殴られた…。


“オレのせいじゃない。オレのせいじゃない…”

ず~っと心の傷となって引っかかってたシコリ…今はもう正直になれる…





  『 スマン! 私が悪かった(笑)!』
[PR]
by nodandy | 2007-09-18 18:50 | 話しはそれるが…

自由を感じる快感…

f0134048_154684.jpg


昔…5万円で今にも壊れそうな大型バイクを譲ってもらった事がある。
黒くてデッカイバイク。
もう時効だから白状するが免許なんてなかったし、バイクなんて動かし方さえ知らなかった。
けど“この国では大丈夫だよ”と言った人の言葉をとりあえず信用した。(←馬鹿。)
エンジンフードを抑えるビスの半分以上はバカになっていて、いつ“バコン!”とそのエンジンフードが吹き飛ぶか判らない代物…エンジンの中で“カラカラ”と何かがどこかに当たっている音がしてた(笑)。

エンジンは回ってるから問題ないんだろうと…2つ返事でそいつを買った。
そのオンボロバイクで大陸縦断してみようと思ってると言うと、
譲ってくれたヤツも驚いたがもうお金を渡してたので後の祭り…。

3ヶ月ほど住み着いたその街を意気揚々とおんぼろバイクで出ていく一人旅、
町並みが途切れてきて次の街まで600kmという表示を見たときは不安と期待でどきどきしたもんだ。 あれはきっと“若さ”だな(笑)。失くしたくないもんだ。

実際は大した事はち~っともなかったんだが未知の道を進むあのドキドキ感はなんともいえない。 この先に何があるのか、何が待ち受けてるのか判らんそのドキドキに井の中の蛙の自分はそれだけで体中の毛穴が引き締まった。 不安も怖さもイッパイあったがそれさえも後で快感なんだと知った。

しばらく…そのドキドキ感が快感だったというのを忘れていたように思う。 
頭では…事実は覚えていても心や肌身で感じるその“快感の感覚”は忘れてたんだ。

この夏、兄のオンボロヨットに乗せてもらった。(オンボロというと怒られるか(笑) )
兄は海外を何度も放浪していたからか、なんでもかんでもキレイなものでキチンとしたがる日本人感覚というより“楽しめればいい”という外人感覚の方を持ってる。
それに…兄の操船スキルは折り紙付きだ。 
ヨットハーバーを出るどころかハーバー内で漂流し迫り来る岸壁との激突を避けるために『蹴れ!岸壁を蹴れ~!』と同乗クルーに叫び倒し…いわばハーバー内で遭難して“どうしたんすか~(のんきに)”とゆっくりと船で近づいてきたマリーンのスタッフに救助された経歴を持つツワモノだ(笑)。“兄の船でまともにクルージングできた試しがない”という噂を耳にしながらの出航…確かにヨットの中のアレもコレも壊れてたり今にも壊れそうだったりで一抹だけでない不安と共に出航した(笑)。

その…どうなるか判らん出航の時の感覚と、昔オンボロバイクで味わった出発のドキドキ感は似ていて… その先に待っていたのはどちらも冒険心(?)をくすぐるような“なんとも言えない快感”だった。

自分の股の下でバンバンと鼓動を響かせ走る黒い古いバイク。そいつは手がかかって日によってはご機嫌がいい時と悪い時があってまるで感情があるようで“こりゃ鉄の馬だな”と感じたけれど、その馬が味わわせてくれたのは見たこともない美しい景色とサンサンと降り注ぐ陽光と気持ちいい風でその時間を味わえる幸運に感動して涙さえ流した事があったのをまざまざと思い出した。

オンボロヨットは兄にとっては海原を駆け…いわゆる未知の世界へ突き進むような冒険心を味わう大きな馬か魔法の絨毯のようなものだなと思えた。 自分で舵を取り風を読んでゴキゲンをとって帆いっぱいに風を捉えて波を超えていくんだもんな。 
『メシの用意するから適当に走っててくれ』と兄に言われ、一番下の弟をクルーにタック(帆の向きを変える方向転換)を何度も繰り返してまるで初めて自転車ってのを乗り回す小学生のようにあっちに行ったりこっちに行ったりしてみたが面白くて仕方がない。 ドッグランでリードをやっとはずしてもらえたワンコのようだった(笑)。 あっち行ったりこっち行ったり…。 

おん~もしろいもんだなヨットって(笑)  
本当~に面白いんだ。 どこへでも行けそうなんだよ。 
“いいなあ…コレ、いいなあ…” ちっこい子供のように心からそう思った。
“また…あの感覚を味わえるぞ”
心ん中でそう思えた。

それにね…ヨットの上にはロープがイッパイあって
いろんな事に使えそうだと“よこしま”な想像力をかきたてられるんだ(笑)。
いろんな事に使ってみたいもんだわ。。。(笑)
帆を上げる要領でウィンチを使って体を開かせるのはお茶の子さいさいだ(笑)
なにせ…“キャプテン”の言う事は絶対だしねえ。。。。

ふむふむ…
[PR]
by nodandy | 2007-08-18 15:17 | 話しはそれるが…

娼婦の哀愁と…ご主人様の傘…

f0134048_11205972.jpg


もう時効だと思える…もう何年も何年も昔の話…

お前さん、繋がりって判るかい?
何が繋がりだと思ってるんだい?
“娼婦の哀愁”って知ってるかい?
見たことないだろうね…そのなんともいえないその表情を…

そんな話をした事がある。


娼婦も女…客でも男…
そこでも心ある優しい女はいて
そこでも女が気に入る男が訪れたりもするもんだ。
そんなとこでもささやかな恋も生まれたりもするんだよ。

でもね…
遊び代は手切れ金…
“帰ってくる”って繋がりをそれで斬るんだよ。
繋がりをそれで斬るんだ。

何人も何人もいろんな男がその娼婦を訪れるから…
お前さんはその娼婦はきっと寂しくないだろうって
そう思うのかもしれないな(笑)

そうだよ、娼婦はずっと笑顔でいる。 顔は笑顔だよ。
顔だけはね。 

“もう帰ってこない…”
そう思うから心ある娼婦は最高の笑顔を作ろうとするんだよ。
こんなところにも一期一会があるのかと驚かされる。
別れるとき…自分の中にある悲しみに決して目を向けないで
ただ最高の笑顔を作ろうとするんだよ。
そうやって娼婦は自分の心にフィルターをかけ
人によっては自分を殺していく人もいたりする…。

営業? もちろん営業顔だ(笑)
その営業の合間に、ごくたま~にこんな事をするんだよ。


『お金はいらないから…』


後で自分がこっぴどく叱られて痛い目を見るのにね…。

別れの時には
なんとも言えない表情を見せるんだよ。
“娼婦の哀愁”。。。

最高の笑顔と共に…
“もう帰ってこない…”
“来たとしても…いつ来るか判らない…”
“真実はあるのかどうか…判らない…”
目を向けてはいけないそんな悲しみと…
蜘蛛の糸よりも細いかもしれないそんな糸

それも繋がり…

そのかぼそい頼りないものを実はこそっと握り締めている…
そんな思いが笑顔といっしょくたに“つい”出てしまっているそんな表情。。。
それが“娼婦の哀愁”。。。

あんたそれがどんな顔だか知ってるかい? 

プロが持つ高性能のフィルターが役にたたないそんな顔…
言葉なんて意味をなさないそんな世界だ。

だがね…
見方をかえりゃ…客にも客の哀愁ってのがあったりする。
気づけない世界のもっと気づけない世界…。
娼婦も女、客でも男…

人が心に持つ“フィルター”はまるで電灯にかかってる傘のようだ。
上からは傘があるから灯りを直接は見る事はできない。
灯りがともってる事さえも気づかない事さえある。。

でもね、
しゃがんで、下から覗くと見えたりするんだよ。その“傘”の中が…
見る角度を変えると見えたりするんだ。

たとえ高性能の娼婦の傘の中も…
あるはずはないだろうと思える客の傘の中もね。
普通は
服が汚れてしまうかもと…しゃがまないものだがね…。



一度でもそういうのが“ある”と気づくとね、

それ以降は見方が変わるものだよ。



そういえば…世のご主人様達が『膝まづけ』って言ったりするのは
もしかしてその傘の下を覗かせたいからかもしれないな…

いや、わからんけど(笑)
[PR]
by nodandy | 2007-07-23 11:30 | 話しはそれるが…

S男になる前の…“いい人”の若気のいたり…

f0134048_18244217.jpg


『 EVIL SMILE 』

本棚を整理してたら分厚い重厚なノートが出てきた。
それはノートというものじゃなく、まるでヨーロッパの貴族の家の本棚にありそうな本のようで、濃茶色で…分厚くて硬い表紙には全面とも型押しした豪華な柄がついてる…そんなノート。  いや、正確にはこれはダイアリーだ。
100年以上も持ちそうな…そんなダイアリー。

そういえば…

大学在学中に1年休学して海外を独りで放浪した事がある。
滞在最初の国が台湾で、日本から船で渡った。

そこで一番最初に知り合った台湾人の女の子にこれをもらったんだ。

当時の台湾は今の台湾と全然違ってきれいじゃなくて街にはよごれた車が少しと、たくさんの黄色い使いまわしたタクシーと、あとは溢れるくらいのスクーターが交通法規など無いかのごとく縦横無尽に走り回ってた。 
街は汚くて活気と喧騒に満ちて、なのにその中に佇むと妙な落ち着きを自分の中に感じさせるような…そんな…どこか懐かしさともいえるような不思議な感覚を感じさせた。

派手な漢字がならび簡単に壊れてしまいそうな露店とそれに群がる人があふれる夜市の雑踏の中で、ふと何か尋ねたのがその女の子との出会いだった。

見知らぬ怪しげな…それも日本人には珍しく薄汚い姿をしてる私にすごく親切にしてくれた。 
ん? 会話? 筆談と身振り手振りだ(笑)。
あとは少しの英単語くらいか…。

マカオ行きの船を捜す数日間のその町での滞在の間、1日とって高雄の町を案内してもらった。 女の子に似合わないゴツくてドロだらけのスクーターに華奢なその子がTシャツと短パンでまたがり、その細くか弱そうさな体にこれまたタンクトップと短パンで頭にはバンダナを海賊巻きにした変なやつが不安げにしがみついてる姿は見る人がみたら『なんだあれ…』と笑われそうだが…
その不安を振り払うように時たま話す女の子の言葉を『みいんてぃえ~~ん、ちぃんてぃえ~ん』とオウム返しして台湾語らしきものを言い出す私を背中にその女の子はケラケラと笑ってやがった。


砂ボコリが舞う街の通りを不安なりに颯爽と走ったのが…
妙に気持ちよかったのを覚えてる。


その街を出る最後の晩に、約束もなく私が泊まる安ホテルの部屋にその子が急に訪れて“ハイ”と、手渡してくれたのがこのゴツいダイアリーだった。

部屋に招き入れて少し話し、あろう事か私はその女の子に絡みついた。

そりゃ…童貞を卒業したばかりの男にTシャツと短パンで密着というのは…そうなっちまう…


“不是…不是…不要…×××…”
“○○…□□□…△△…”


判読不明の言葉が小声であふれてくるが…業火のように燃えさかる若い男の性欲がそれで消えるわけが無い。

もみ合いながらも強引でもない愛撫の手を進めるとそこは…なぜかいっぱい濡れていたんだ。
なのに…


“……ユー ネバー カムバック…” 

くだらん三文小説にありそうなその言葉で…小声で絞り出されたそのたった4つの英単語が激しい性欲の火を鎮火してしまいやがった。
どちらにとっても普段は使わない異国の言葉で…。


何ヶ月ものきまま旅を終えて日本に戻ったときにその話をしたら“なんだもったいねーな、なんでしてやらねーんだ…”と悪友達は笑いやがった。

悪かったな、その時はまだ“いい人”だったんだよ。
と…時を超えてその悪友に答えてやる…。


その重厚なダイアリーを開けてもそこには何にも書かれていない。
だけどその1ページ目だけが切り取られてないんだよ。

そこに何が書かれていたのか思い出せない…。
そしてなぜ切り取ったのかも。。。

だからそのまま本棚にまた、その濃茶のダイアリーを押し込んだんだ。
[PR]
by nodandy | 2007-04-19 19:11 | 話しはそれるが…

人生最初の“放置プレイ” 

f0134048_6215659.jpg

大事な相手とメールを交わしているとき、なぜか人生最初の“放置プレイ”を思い出した。

子供の頃犬を飼ってた。 大好きだった犬。
飼い始めたのは小学5年の頃で、柴犬のような容姿、鼻先あたりが黒くなってる
茶毛のただの雑種。 いつも不安そうな寂しそうな遠くを見るような切ない表情を
していて、その為に私が中学に通う頃には友達からその犬は“仲代達也”と呼ばれていた。

家の中で飼う事は許されず食卓のある居間のすぐ横の勝手口に通じる狭い小庭に
居て、いつもうらやましそうに居間の中を眺めていたから
きっとそういう顔になったのかもしれない…。
私も居間からいつもその犬に目を向けてた。

公園でボールを投げると、犬は喜んで追いかけていってボールにタッチ
するんだがボールを置いたまま犬だけ戻ってきて
そのくせ『ハアハア、遊んできたよ。 面白い。またボール投げてくれ^^』って
かなり都合のいい事を純粋な目で訴えるんだ(笑)
だからいつも私が“このやろ~”と言いながら遠くへ投げたボールを私が自分で
取りに行って(笑)、また投げてやってってのを繰り返さなきゃいけなかった(笑)

その犬は好奇心が強いタイプなのかもしれない。
或いは私といると好奇心が強くなるのか…。
公園に人の腰くらいまでの低いコンクリートブロックで出来た塀があり、
そこに犬の目線からは首を伸ばして顔を上げれば塀の向こう側の池と草っぱらが
見えるようになっている縦長の小さな穴があったんだ。

その犬はいつもそこを通る時その穴に顔を突っ込んで向こうを覗き込んでいたから、
“こいつはここが好きな場所なんだな”と思って
私は時たまその塀の上に腰掛けて一休みしてた。

いつもその穴に顔を突っ込むその犬はある時、“今日はもう辛抱~たまらん!”と
思ったのかその穴に身体を突っ込んで向こうへすり抜けようとした。 
身体が半分まで塀の向こう側に抜けたところで尻が引っかかって進めなくなってしまい
戻ろうとしても今度は肩がひっかかって、胴を中心に穴の向こう側とこちら側で体を
半分づつ残したまま、穴の途中で全く動けなくなってしまったんだ。

宙ぶらりんになって『しまった!動けん…』と思ったのかその犬は切なそうな表情で
私を見上げてきたが、首を曲げるにも限界があり目だけこっちに向けていて
それが仲代達也の困ったような切なそうな顔そのものだった(笑)

身動きとれない犬を見てその時ほど腹を抱えて笑った事がないくらい面白くって(笑)
一人で笑い転げてたら『ワンッ(助けろ!)』って切なげに言って来るし(笑)。
手伝って引き抜こうとしてもいくらやって前へも後ろへも抜けなかった。
押しても引っ張っても体が引っかかり犬は『う~やめて~!』って顔をする。
すると犬のクセに余計に仲代達也に見える。
だからしばらく笑いが止まらなかった(笑)。

で…そのまま、“ちょっとどんな感じかな”と思って
哀しそうな顔をするラッキーをそのままにしてそこから離れるフリをした。
犬は顔は塀の向こうにあるから私のいる道路側を見れないし、
だから声をかけながらわざと足音をさせて遠ざかった。

すると最初は不安になって身じろぎして『置いてくな~』と、あわてるが
50mも離れると観念するのかじっとしてる。
そのまま15分ほどそのままにしたんだが…

犬は何度か身じろぐんだが、もちろん抜け出す事もできず
犬のお尻にも“困ったな~”という表情が出るんだと
妙に納得させられた(笑)。

仕方がないからと犬の元へ戻ったんだが、
子供ながらにちょっとからかってやろうと近くの草の茎をとって
身動きできないで丸見えになってるその犬のお尻の穴を軽く“チョンチョン”と
つついたら、やっぱりお尻の穴は敏感なのか犬の後ろ足とお尻が“ビクッ!ビクッ!”と
跳ねて、覗きこむと顔は切ない仲代達也の目をして私を見るから
また大笑いしてしまって(笑)

その後は小一時間ほど悪戦苦闘してやっとそこから外してあげられたけど
こんなに笑った事は後にも先にもないくらいだった。


きっとこれが人生最初の放置プレイだ(笑)。
[PR]
by nodandy | 2007-04-11 06:37 | 話しはそれるが…

ま~た羊か…

まだ“ブログ”というものを始めたばかりでちっとも判ってない。

だから、“いったいこのボタンは何だ…”と、、、

設定ページ(?)のいろんなボタンをクリクリとよく判らんままにクリックしていると、

なぜか勝手に


   『あなたは満月グループの“のびのび組”のひつじで~す…』 と…


動物占い進化版とやらに診断されてしまった。


 “いつの間に診断しやがった! 勝手に決め付けるな!” 

と思っても後の祭りだ。。。

それもよりによってま~た“羊さん”だ…。

なぜか占いとかになると私はいっつも“羊さん”になってしまう。

…とにかく私にまつわるものは羊が多い。

 ふう…

それも今回のは“のびのび組”とまできたもんだから
“の…のびのび組…”と思ってついついその先を見てしまった。

そしたら…

 ホラやっぱり書いてある。 


“おとなしくて…” “やわらかな…” “ほんわかしてて…”とか “ゆったりとして…”


 って、『それ羊の見た目だろうが~!』 と面白くもない突っ込みを

いれてしまうんだよ…つい…


                                   



…また羊か。。。
[PR]
by nodandy | 2007-03-12 10:12 | 話しはそれるが…