いつの間にかご主人様と呼ばれ…だがM女には、表には出さない気持ちがある。 心の中で思う事もたくさんある。 私が不器用なのか…S男としての…誰にも言わない、明かしていない心をふと書こうと思った。


by nodandy

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

甘い味と苦い味…

■Mail to 管理者■

いつの間にかSMを味わい
いつの間にか…
“甘味と苦味”を
知ったように思うのです。

ただの愛欲か…
愛情表現か…
ただの変態的な行為か…

私には…『魔法の鍵 』
閉じられた扉を開き
繋がれた鎖を解き放って
あげられた鍵…

冷たく暗い場所から暖かい場所へと通してあげれた
魔法の鍵なのです。。。

■Mail to 管理者■


=====================
■不倫・恋愛について…■
■隣の芝生SM雑記帳■
■ 壊れた玩具…・  ■
■言葉の持つ意味…■
■さやかさんのブログ■
■ Heart on Body ■
■秘密himitsu真実shinnjitsu゙■
■Glamorous■
■壺中ノ天■
届かないアドレス

■FC2-BlogRanking■

=====================


ASPアクセス解析

以前の記事

2010年 08月
2010年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月

カテゴリ

全体
はじまり
気持ち
M女
話しはそれるが…
懺悔
心の殻
ご主人様の心の中
未分類

お気に入りブログ

言葉の持つ意味・・・・
不倫の時間

最新のトラックバック

お仕置きを望む女
from 壺中ノ天

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

恋愛・結婚
メンタル

画像一覧

カテゴリ:はじまり( 2 )

初めてのSM? 

f0134048_14235233.jpg

SMの一番最初はまだ2歳くらいの女の子を連れた若い奥さんだった。

決して幼い精神構造の持ち主という訳じゃないが 何かに抗うように無理やり明るく振る舞って…というより、 すがるように奔放に振舞って、 そうする事でやっと自分を保っている…そんな感じ。 “へしゃげて”しまわないように。

子供がたまたまいない時に襲い掛かってから、
それ以後は子供が近くで寝ていようが、まるで私は発情した犬の様に 絡みついてた。 

でも都合のいい相手のはずが、相手が抱える寂しさを時折見せてきやがった。
ついでに…人見知りするというその子供がなぜかなついた。
ある時、その子は私の部屋で離婚に踏み切る決心をした。
発情期の犬にしては珍しくその時だけは私は何もせず
私の膝が相手の涙でビショビショになったのを覚えてる。

それ以後のセックスは女の心の奥で硬い殻に覆われている何かを出させようとするかのように、 いやらしく意地悪になっていった。

もちろん性への好奇心もあったのも否定しない。
何度も何度もヤリ終えたのに、まだまだ感じ続けさせて
“理性”か“怖れ”かが形を変えたその殻を引き剥がさんと、 バイプや道具やなんかも使い始めそうやって少しづつエスカレートしていった。

あるホテルで天井から吊るされた拘束具に、よそ行きのやわらかいスカートを着たその女の手首を結わえ付けた。 明るいフロアの真ん中に立ったまま…逃げられなくした…。

動けない不安を振り払おうと明るく話そうとする。 だから目隠しもした。
後ろへ前へと静かに移動し、ゆっくりと女を観察した。 そっと膝裏をなで上げ、無防備なところに指を這わせ、吐息をかけ様々な角度からその女の匂いさえも楽しんだ。
あらゆる場所を指でこそぐり、同時にその女が時折見せてしまう 恥ずかしい表情をめざとく見つけてはまるで鬼の首をとったように意地悪に 指摘した。 

不安と羞恥は感覚を鋭敏にするんだろうね、きっと…。
指一つ言葉一つでも身をよじらせ 声をあげるようになる。  
スカートの裾を静かに少し持ち上げるだけで、 女の体温がきゅっと上がるのが判ったよ。

終わった後、その女は「目隠しされた暗闇の中で“男に犯られる”っていうのを
初めて実感した…」と不思議な事を言った。
けれど私は私で…今までもその女と散々ヤリまくってたクセに
“この女と初めてセックスしたんだ”と…
そういう変な事を感じてた。 
[PR]
by nodandy | 2007-03-11 14:46 | はじまり

“S”のはじまり…

f0134048_1402643.jpg

私はただのスケベな男。。
ただセックスが好きで、遊びたいだけ、
ただ女性とヤリたいだけで
自分の満足や自分への快楽が欲しい…
そんなただのスケベな男だ。
いっぱい遊んだし…
きっとそれが始まりです。

でも、相手の心の中がある時少し垣間見えた時、
もっと感じさせてあげたい…
もっと乱れさせてあげられないか…
もっと心の中にあるものを引き出してあげられないか…
そう思ったのです。
別にいいカッコしたいわけじゃないしむしろそういうのは似合わない。
でもどこかそういう気持ちがあったのです。
ともすれば、それは相手に投影した自分への気持かもしれない。

或いはただ、“女性に快楽を与えている”という自己中心的な
満足感を得たかったのか。。

しかし、それから…いつの間にかただのセックスがほんの少しだけ
深みを得て…そうやって女性への触れ方が少しづつ変わって
いったように思う。

相手にそっと手を触れるとき、
そのときの手はやっぱり昔とは変わってるのを感じる。

或いはこれもただの言い訳かもしれない。
ただエロいだけだ。 

始まりは普通の愛情表現だが、SM“らしき”ものになり、
厳しさの中に愛情がある事を知り…
それ故、今は優しくなってしまったかもしれない。 
[PR]
by nodandy | 2007-03-11 01:48 | はじまり