いつの間にかご主人様と呼ばれ…だがM女には、表には出さない気持ちがある。 心の中で思う事もたくさんある。 私が不器用なのか…S男としての…誰にも言わない、明かしていない心をふと書こうと思った。


by nodandy

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

甘い味と苦い味…

■Mail to 管理者■

いつの間にかSMを味わい
いつの間にか…
“甘味と苦味”を
知ったように思うのです。

ただの愛欲か…
愛情表現か…
ただの変態的な行為か…

私には…『魔法の鍵 』
閉じられた扉を開き
繋がれた鎖を解き放って
あげられた鍵…

冷たく暗い場所から暖かい場所へと通してあげれた
魔法の鍵なのです。。。

■Mail to 管理者■


=====================
■不倫・恋愛について…■
■隣の芝生SM雑記帳■
■ 壊れた玩具…・  ■
■言葉の持つ意味…■
■さやかさんのブログ■
■ Heart on Body ■
■秘密himitsu真実shinnjitsu゙■
■Glamorous■
■壺中ノ天■
届かないアドレス

■FC2-BlogRanking■

=====================


ASPアクセス解析

以前の記事

2010年 08月
2010年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月

カテゴリ

全体
はじまり
気持ち
M女
話しはそれるが…
懺悔
心の殻
ご主人様の心の中
未分類

お気に入りブログ

言葉の持つ意味・・・・
不倫の時間

最新のトラックバック

お仕置きを望む女
from 壺中ノ天

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

恋愛・結婚
メンタル

画像一覧

カテゴリ:未分類( 2 )

ゲイに教えられた=ケツが狙われた=ご主人様になる前の事…

f0134048_1864378.jpg

『“ケツ”の話がそんなにいいのか…』

  “ケツ”の話は面白かったデス…。 

それだけが書かれたメールがこのブログを通して送られてきた…。 
誰か知らんがあんたの為に書いてるんじゃない。。。が…仕方がない・・・
そのありがたい誰かのそのリクエストに応えて“ケツ”の話を無理やり書いてやる…チクショウ(笑)。


21歳の頃、付き合ってる女性と別れ(フラレた)、飲めないクセにパブへ行って偶然隣にいたミッキーローク風(古いか)の男に話しかけられた。 

『暗い顔だな』 『フラれたからな』
『お前の顔も暗そうだ。』 『そうか、だが俺は別にフラれてない。』
『日本人は優しいそうだな。』 『日本人以外がやさしくないんだ。』
会話はくだらんが気が紛れた。


話してるとミッキーロークのリアクションは少しづつ大きくなり、笑いながら慣れなれしく肩に手をかけてきた。 “なんだこの手は…”という気分になると“スっ”と手を引くから怒るタイミングを失う。

コチラが不機嫌になる直前に“スッ…”と引くから少しづつそのボディータッチに慣れてくる… やけにズケズケ近づいてくるのは気にはなったがそれでもそれを察してちゃんと謝ったりこっちが不機嫌になる前に“スッ”と引く。
フラれた後の人恋しさの中ではその節度ある(?)親しみのあるボディータッチが妙に心地よかったりする。 逆に…ふいに“スッ”と引かれると…それが寂しくも感じた。 判るかな…
しばらくすると、他人からは“あの2人は親しいのか”と見えたに違いない。 


“オレはこれからクラブに行くが…お前も来るか?”と誘われた。
“気分が晴れるぞ”という言葉に『こいつは別に危ないヤツじゃなさそうだ』と思った私はついてった。

青い間接照明のほの暗いそのクラブは“穴場”だった。
やけに周りの野郎から見つめられる。 それも“ジ~ッ”っと…。
 
“なんだジロジロみやがって…”と知らん顔したが…気の抜けない緊張感があった。 ミッキーロークは相変わらず密着してきては“ちょっとスマン”とどこかへ行き、帰ってきてはまたどこかへ行く。   おかげでミッキーロークに心のどこかで“おいおい傍にいてくれよ…不安じゃね~か…”と思ってた。

大音響だ。 密着して耳元で話し“元気だせよ!”と、いつの間にかしっかりと肩を抱き励まされていたが…それはいわゆる…“抱きしめられて”いたわけだ(笑)。
励ましてくる相手に私は心の中で“こいつ悪いヤツじゃなさそうだな(いいヤツだな)”と思い始めていた。

そのミッキーロークが席をはずすと、つかつかと知らない“男”が寄ってきて「踊らないか?」と誘ってきやがる。。。 それにミッキーロークのヤツ…なんだか友達らしきヤツらに褒められてる。。。

カッコいい音楽はもう充分だとクラブを出るとそのミッキーロークもついて来た。
“帰るにはいい時間だな。家、近いんだが来ないか”と…誘われた…。
もちろん断った。

“なぜだ? さっきまで楽しく一緒にいたじゃないか…”
“知らんがな。”
“何があったんだ。”
“ガールフレンドにフラレたと言ったろうが!”
“なに!お前はストレートなのか!?” (ストレート=女が好きな普通の男)
“………そうだぞ” 

“OH~マイガ~!ガッ~!” と、こもるように言ってミッキーロークは地面を蹴り、
すぐさまその“はしたない”行為を私に謝りつつ…かなり打ちひしがれてやがった。


“ケッ…ケツが狙われてたのか!” 

いたいけな私の心が叫び声をあげ、心の中で尻の穴をあわてて押さえる。


しかし不思議なもので、一生懸命相手してくれたミッキーになんだか悪いような気がして “ハア~、あれだけ気遣ってくれたし…ちょっとだけなら付き合ってやってもいいかな…”と…思う自分がいた。 “イザとなったら抵抗すればいいし…ちょっとだけなら…”

その刹那… 

『ダメ! 何を言ってるの! アタシを守って! 投げちゃダメ~!』と

私の“ケツ”が…“キュッ!”と絞まった。

その“キュッ”(笑)


帰って知人に言うと、
『ゲイは口説くのがとても上手いんだよ。』 『あの辺りは誰も近づかないぞ…』…と…ん? お前微妙に距離を置いてないか?。


“違う!アタシは無事よ!”とまた尻の穴が“キュッ”っとなった。

しかし思い返せば…全てが説明つく。
それに…何もかもが“そうか…上手いんだ…”と思えるものだった。

“はは~ん、“押して引く…”…あ~すればいいんだ…”
心の中で尻の穴をしっかり押さえ“ほっ”としながら“勉強になったな~”と変な所で感心してた。


その後私は、飲めないクセにパブに行って『元気ないね』と女性に話しかけたかどうかはここでは書かないが… 
押して引いては“効果はあった”…とだけ、言っておこう(笑)。


もちろんまだケツも無事だよ君い~
ん? コラ、微妙に距離を置くな!
[PR]
by nodandy | 2007-06-21 18:11

M女は傷ついている。

f0134048_1524882.jpg

M女は傷ついている。

今まで、何人かのマゾ質の女性と接してきて感じたのは“M女は何かに傷ついている”という事だった。 それは本人が自覚していた場合もあるが全く自覚していない事もある。 
もちろん、M女といってもいろんなタイプの人がいるだろうし、私も何百人も接した訳でもないので(笑) 私の接した…ごく狭い世界の中での事だけだが…少なくとも私はそう感じた。

それにM女性達に共通した傾向もあるように思えた。
彼女らは例えば表面的には明るくチャキチャキして気の強い女性もいれば、ごく普通のやさしい女性もおり、内気でモジモジするクソマジメそうな女性もおり、逆にマジメなんてクソッ食らえとばかりのヤンチャクレもいた。 だけど、どの女性も外に見せている顔とは裏腹に、心の中には実は根はマジメで…古い表現だが“ピュア”な心を持っているように感じた。 それが表面的には“ヤンチャくれ”と振舞っていてもだ。 
その事に気づいてから女性の心を注意深く見るようになった。
すると…“M女は傷ついているんだ”と、それが見えるようになった。

人は成長して大人になっていく過程で様々な事を経験し、それが心に多かれ少なかれいろんな傷を負わせる。その受けた傷が人を強くもするし弱くもする。 しかし、その傷を癒したり、或いは心にその傷を忘れさせるには“まあいいか”という“適当さ”や“いい加減さ”やその傷を負ってしまった自分を許す“甘さ”が必要になってくる。 なのに心の根がマジメだったり心がピュアだったりするとなかなかそうはいかない。 
いつまでも自分を責めたり、いつまでもその傷を受けるような自分を悔やんでしまっていたりする。 更には、頭と心は別物なのに頭でこれまたマジメに『いつまでもクヨクヨしたらダメ』と考え、心の傷が癒えないままに表面的には“もう大丈夫、負けたらダメなんだ”と強く振舞うようになったり、結局心の傷は消えないまま、または別の新たな経験によって上塗りされてしまい、本当は傷は癒えていないのに表面的には判らなくなる。 

だから、ふとしたキッカケでその傷が疼き出し、マジメでピュアな心は自分を責める(責められる)事を望み、叱られる事を望み、罰を受ける事を望む…責められ叱られ罰を受ける事で“ぱっくり開いた”心の傷口を埋めなおして…傷を受けた自分を改めて責めることで“心を癒す”ためにだ。

こうやってM女はそのことを知ってか知らずかマゾヒスティックを望むようになるが、残念ながら相手のサディストの方はそれを理解しているとは限らない(笑)。 中には自分の欲望を満たす為にM女を利用し、M女のその傷をさらに広げてしまったりする者もいれば、反対にM女によっては“厳しく”責めてあげないと“癒し”にならない場合にも“厳しさの中に愛情がある”という言葉を忘れ“そこまでは出来ない…”と厳しくしてあげる事も出来ない者もいる。。。

そういう相手と付き合った場合、M女は結局何も癒されず、また別の相手を求めてさまようようになる女性もいて、そういう女性の心はまるで荒野を彷徨う野良犬のようにやせ細って誰に対してもおびえていたりする。

大事な事は“M女は傷ついている…”と気づき、相手の表面ではなく心の中に目を向けてあげる事だ…。  そうするだけで“M女の傷”を癒す事が出来るのだと…知ることなんだよ。
[PR]
by nodandy | 2007-03-13 15:07