いつの間にかご主人様と呼ばれ…だがM女には、表には出さない気持ちがある。 心の中で思う事もたくさんある。 私が不器用なのか…S男としての…誰にも言わない、明かしていない心をふと書こうと思った。


by nodandy

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

甘い味と苦い味…

■Mail to 管理者■

いつの間にかSMを味わい
いつの間にか…
“甘味と苦味”を
知ったように思うのです。

ただの愛欲か…
愛情表現か…
ただの変態的な行為か…

私には…『魔法の鍵 』
閉じられた扉を開き
繋がれた鎖を解き放って
あげられた鍵…

冷たく暗い場所から暖かい場所へと通してあげれた
魔法の鍵なのです。。。

■Mail to 管理者■


=====================
■不倫・恋愛について…■
■隣の芝生SM雑記帳■
■ 壊れた玩具…・  ■
■言葉の持つ意味…■
■さやかさんのブログ■
■ Heart on Body ■
■秘密himitsu真実shinnjitsu゙■
■Glamorous■
■壺中ノ天■
届かないアドレス

■FC2-BlogRanking■

=====================


ASPアクセス解析

以前の記事

2010年 08月
2010年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月

カテゴリ

全体
はじまり
気持ち
M女
話しはそれるが…
懺悔
心の殻
ご主人様の心の中
未分類

お気に入りブログ

言葉の持つ意味・・・・
不倫の時間

最新のトラックバック

お仕置きを望む女
from 壺中ノ天

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

恋愛・結婚
メンタル

画像一覧

『ぷ~~~うぃッ!』

f0134048_18384517.jpg


前に“叱る”事について書いたが、その時どうにも書きたくて仕方ないものを思い出してしまい…
ついにがまんが出来なくなったので今日書く事にした。  
懺悔だ。


剣道を習った事がある。
近所の公民館で中学1年から習いはじめた。
普通は皆小学校低学年から始めるようで、初級クラスで一番の年長さんだったからちょっと恥ずかしかったが、おかげでちびっ子どもの中でサル山のボスのごとくいつも掛け声をかけさせられた。  
先生は叱咤の激しい強烈な先生だった。 
大声で叱り飛ばし体罰もへっちゃらで私もよく頭をはたかれた
(当時はまあそれが許された)。


剣道はなんといっても礼に始まり礼に終わる。 それがいい。
1日の練習の初めには道場の真ん中に横一列に並びきちんと姿勢を正して座禅し、1~2分ほどの“黙想”をする。 気持ちを静め、精神を統一するんだ。

『黙想~!』という私の大きな掛け声とともに一斉にちびっ子らはその黙想をはじめ、その時間、皆微動だにせずシーンと静まりかえる道場内にピーンと張り詰めた空気が漂う。
私の好きな瞬間だ…


   が…


その緊張感漂う重く張り詰めた空気を事もあろうに私が鋭く切り裂いてしまった。
いや…正確に言うなら“私”ではなく“私の尻”だ。。。
“私”じゃあない…。 

私はもちろん精神集中していたんだ…。
私に罪はない…。 

ただ…私の尻が勝手に…それも事もなげにその張り詰めた緊張感を打ち砕いたんだ…。
“ス~~”でもなく
“ブ~~”でもなく
“ぶりぶり~”でもない
水前寺清子のモノマネをするときに“ん~にゃっ”っと最後の部分を若干あげるように
軽快に、高らかにそしてなんとも伸びやかに “ぷ~~~うぃッ” っと…  

まるで自由の喜びを精一杯満喫するような清らかで誇らしげな音を響き渡らせたんだ。。
(“うぃ”のところを上げ目に読んでください。)


誰も予想だにせずふいに訪れたあまり“にほひ”を感じさせない音に
“1秒・2秒・3秒…”と…先ほどとは明らかに違う何かが爆発する直前にあるような静けさが流れ…
とうとう耐え切れなくなってすぐ隣の子が“ぶふ~ひっひっひ~”と肩を震わせ思わず噴きだしてしまった。 

思わず噴き出したその子に釣られて他の子たちも笑い出そうとしたその瞬間
『パシーンッ!!』とその一番最初に噴き出したその子のホッペに雷が落ちたが如く思いっきりの平手打ちが先生から食らわされた。 一瞬にして道場が凍りついた。。。
違った緊張が閃光のように道場に駆け巡ったわけだ…。


そりゃ仕方がない…
“ぷぅ~っ”でだって耐えるのは難しい…
なのに“ぷ~~~うぃッ”だ。。。 “うぃッ”ってのがついてるんだ…
屁の音で水前寺清子の“ん~にゃっ!”のモノマネをしたようなものなんだから
それが張り詰めた静粛の中で突如襲い掛かってきたら一体…一体誰が耐えられるんだ…


私も次に『ケツを閉めんか!』と殴られるかと一気に身体をこわばらせたが…
顔を耳まで真っ赤にしつつも“知りませんよ~私は黙想にいそしんでますよ~”という姿勢が功を奏したのか、あるいは「屁は自然に出るものだ」と理解を示されたのか…なぜか私には平手打ちは飛んでくる事はなかった。。。それがつらい…。

しばしの黙想が続き、“辞め~い”と掛け声をかける私の横ではヒックヒックとほっぺを腫らしたチビっ子が涙をすする音が耳に響く…
それでも私はそ知らぬ顔をして“礼!”と次の掛け声をかけていた。


その赤く腫れたほっぺを見たお母さんにその子はなんて説明したんだろう。。。
『隣のお兄ちゃんが~』ってな感じだろうか…
そのお母さん…なんて思ったんだろうね…



礼をした後、『いいかみんな~! 覚えておくんだ~!』と…
大声で先生の今日の訓示が始まった。


『たとえ~! 隣で屁の音がしても~ッ!』



先生、そりゃいかんよ…。


小学生にそんな風に屁の話をしたら誰だってまた噴き出すさ…
ほらみろ…また誰かが殴られた…。


“オレのせいじゃない。オレのせいじゃない…”

ず~っと心の傷となって引っかかってたシコリ…今はもう正直になれる…





  『 スマン! 私が悪かった(笑)!』
[PR]
by nodandy | 2007-09-18 18:50 | 話しはそれるが…