いつの間にかご主人様と呼ばれ…だがM女には、表には出さない気持ちがある。 心の中で思う事もたくさんある。 私が不器用なのか…S男としての…誰にも言わない、明かしていない心をふと書こうと思った。


by nodandy

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

甘い味と苦い味…

■Mail to 管理者■

いつの間にかSMを味わい
いつの間にか…
“甘味と苦味”を
知ったように思うのです。

ただの愛欲か…
愛情表現か…
ただの変態的な行為か…

私には…『魔法の鍵 』
閉じられた扉を開き
繋がれた鎖を解き放って
あげられた鍵…

冷たく暗い場所から暖かい場所へと通してあげれた
魔法の鍵なのです。。。

■Mail to 管理者■


=====================
■不倫・恋愛について…■
■隣の芝生SM雑記帳■
■ 壊れた玩具…・  ■
■言葉の持つ意味…■
■さやかさんのブログ■
■ Heart on Body ■
■秘密himitsu真実shinnjitsu゙■
■Glamorous■
■壺中ノ天■
届かないアドレス

■FC2-BlogRanking■

=====================


ASPアクセス解析

以前の記事

2010年 08月
2010年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月

カテゴリ

全体
はじまり
気持ち
M女
話しはそれるが…
懺悔
心の殻
ご主人様の心の中
未分類

お気に入りブログ

言葉の持つ意味・・・・
不倫の時間

最新のトラックバック

お仕置きを望む女
from 壺中ノ天

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

恋愛・結婚
メンタル

画像一覧

娼婦の哀愁と…ご主人様の傘…

f0134048_11205972.jpg


もう時効だと思える…もう何年も何年も昔の話…

お前さん、繋がりって判るかい?
何が繋がりだと思ってるんだい?
“娼婦の哀愁”って知ってるかい?
見たことないだろうね…そのなんともいえないその表情を…

そんな話をした事がある。


娼婦も女…客でも男…
そこでも心ある優しい女はいて
そこでも女が気に入る男が訪れたりもするもんだ。
そんなとこでもささやかな恋も生まれたりもするんだよ。

でもね…
遊び代は手切れ金…
“帰ってくる”って繋がりをそれで斬るんだよ。
繋がりをそれで斬るんだ。

何人も何人もいろんな男がその娼婦を訪れるから…
お前さんはその娼婦はきっと寂しくないだろうって
そう思うのかもしれないな(笑)

そうだよ、娼婦はずっと笑顔でいる。 顔は笑顔だよ。
顔だけはね。 

“もう帰ってこない…”
そう思うから心ある娼婦は最高の笑顔を作ろうとするんだよ。
こんなところにも一期一会があるのかと驚かされる。
別れるとき…自分の中にある悲しみに決して目を向けないで
ただ最高の笑顔を作ろうとするんだよ。
そうやって娼婦は自分の心にフィルターをかけ
人によっては自分を殺していく人もいたりする…。

営業? もちろん営業顔だ(笑)
その営業の合間に、ごくたま~にこんな事をするんだよ。


『お金はいらないから…』


後で自分がこっぴどく叱られて痛い目を見るのにね…。

別れの時には
なんとも言えない表情を見せるんだよ。
“娼婦の哀愁”。。。

最高の笑顔と共に…
“もう帰ってこない…”
“来たとしても…いつ来るか判らない…”
“真実はあるのかどうか…判らない…”
目を向けてはいけないそんな悲しみと…
蜘蛛の糸よりも細いかもしれないそんな糸

それも繋がり…

そのかぼそい頼りないものを実はこそっと握り締めている…
そんな思いが笑顔といっしょくたに“つい”出てしまっているそんな表情。。。
それが“娼婦の哀愁”。。。

あんたそれがどんな顔だか知ってるかい? 

プロが持つ高性能のフィルターが役にたたないそんな顔…
言葉なんて意味をなさないそんな世界だ。

だがね…
見方をかえりゃ…客にも客の哀愁ってのがあったりする。
気づけない世界のもっと気づけない世界…。
娼婦も女、客でも男…

人が心に持つ“フィルター”はまるで電灯にかかってる傘のようだ。
上からは傘があるから灯りを直接は見る事はできない。
灯りがともってる事さえも気づかない事さえある。。

でもね、
しゃがんで、下から覗くと見えたりするんだよ。その“傘”の中が…
見る角度を変えると見えたりするんだ。

たとえ高性能の娼婦の傘の中も…
あるはずはないだろうと思える客の傘の中もね。
普通は
服が汚れてしまうかもと…しゃがまないものだがね…。



一度でもそういうのが“ある”と気づくとね、

それ以降は見方が変わるものだよ。



そういえば…世のご主人様達が『膝まづけ』って言ったりするのは
もしかしてその傘の下を覗かせたいからかもしれないな…

いや、わからんけど(笑)
[PR]
by nodandy | 2007-07-23 11:30 | 話しはそれるが…