いつの間にかご主人様と呼ばれ…だがM女には、表には出さない気持ちがある。 心の中で思う事もたくさんある。 私が不器用なのか…S男としての…誰にも言わない、明かしていない心をふと書こうと思った。


by nodandy

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

甘い味と苦い味…

■Mail to 管理者■

いつの間にかSMを味わい
いつの間にか…
“甘味と苦味”を
知ったように思うのです。

ただの愛欲か…
愛情表現か…
ただの変態的な行為か…

私には…『魔法の鍵 』
閉じられた扉を開き
繋がれた鎖を解き放って
あげられた鍵…

冷たく暗い場所から暖かい場所へと通してあげれた
魔法の鍵なのです。。。

■Mail to 管理者■


=====================
■不倫・恋愛について…■
■隣の芝生SM雑記帳■
■ 壊れた玩具…・  ■
■言葉の持つ意味…■
■さやかさんのブログ■
■ Heart on Body ■
■秘密himitsu真実shinnjitsu゙■
■Glamorous■
■壺中ノ天■
届かないアドレス

■FC2-BlogRanking■

=====================


ASPアクセス解析

以前の記事

2010年 08月
2010年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月

カテゴリ

全体
はじまり
気持ち
M女
話しはそれるが…
懺悔
心の殻
ご主人様の心の中
未分類

お気に入りブログ

言葉の持つ意味・・・・
不倫の時間

最新のトラックバック

お仕置きを望む女
from 壺中ノ天

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

恋愛・結婚
メンタル

画像一覧

なぜM女が好きなのか…?

f0134048_5594880.jpg

『なぜあなたはM女さんが好きなんですか?』

そう聞かれているS男さんのブログがあった。
“私はどうしてだ?”
自分にあてはめその質問の答えをぼんやり考えると
顧みることもあり…ここに書く事にした。

正直な話だけれど、マゾ質の女性が好きなのにはいくつか理由がある。
もちろんマゾと自覚していない女性のマゾ質を開花させるのも好きだ…。
私は“ド”がつくエロだ。 責め苛めるのが好きだ。“嗜好”と言っていいのか…。 
いやらしく責め苛められる女性を見て興奮しているエロい“オス”の自分もある。 

しかし…30代前半以降…今も一番大きなものは…
キレイ事には収まらず、自分を求め、そのキレイ事と“自分”とのギャップからくる
苦悩や悲しみといった“業”を抱えながらも、
自分に正直でありたい、自分を見つけたい、“自分でいたい”とする
そんな思いがある事を知って…
良いか悪いかで言うと決して“良い”とは言えないその姿勢の中に
コソっと隠されている純粋さにただ単純に惹きつけられるからだ。 


私自身キレイ事なんて言える立場はない…言うなれば悪だ。 
枠に収まりきらず…誰かを悲しませる事もしつつ…自分でいる。
そこにどんな理由があろうが関係ない。 私は非難されてしかるべき…。
私はとても罪深い。悪いヤツだ…。
だが悪いヤツだからこそ、判ってあげられることもあったりする…。
どこにも出せない部分をね。。。 
普通なら許せない事を許せたりもする。。。



      “それは本当か?”



ウソだよ。 私の“表の感情”はそいつを責め、身も心もいたぶるかもしれない…。

なのに…もしそこに…余計なプライドを捨て…理由の判らぬ涙が胸の中か外かに伴い…
本当の“自分”を私に見せていたのなら…許せてしまう自分がいる気がする…

なぜなら“許す許さない”それ自体がおこがましく思えるほど 
私自身が“悪”なんだから…


私が出来る事といえば…
身も心も“ドウダドウダコレデモカ”といやらしく相手を責めながら…
相手が持つ“悪”の中にも必ずある“ヒトカケラ”の真実を拾い上げ
それを褒めてやる事と…

どこへも行ってしまいがちなM女に…
“そっちに行くな!こっちだバカタレ!”と…
リードを引いてやることぐらいだろう…


あれ…“M女が好きな理由を書いてるんじゃないのか?”だって?
仕方ない…ホントの事も書いておこう…。


『S女だったら“ドウダドウダコレデモカ”と逆に責められちゃうだろうが。』

もっともな答えだ。
[PR]
by nodandy | 2007-06-30 09:05 | ご主人様の心の中