いつの間にかご主人様と呼ばれ…だがM女には、表には出さない気持ちがある。 心の中で思う事もたくさんある。 私が不器用なのか…S男としての…誰にも言わない、明かしていない心をふと書こうと思った。


by nodandy

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

甘い味と苦い味…

■Mail to 管理者■

いつの間にかSMを味わい
いつの間にか…
“甘味と苦味”を
知ったように思うのです。

ただの愛欲か…
愛情表現か…
ただの変態的な行為か…

私には…『魔法の鍵 』
閉じられた扉を開き
繋がれた鎖を解き放って
あげられた鍵…

冷たく暗い場所から暖かい場所へと通してあげれた
魔法の鍵なのです。。。

■Mail to 管理者■


=====================
■不倫・恋愛について…■
■隣の芝生SM雑記帳■
■ 壊れた玩具…・  ■
■言葉の持つ意味…■
■さやかさんのブログ■
■ Heart on Body ■
■秘密himitsu真実shinnjitsu゙■
■Glamorous■
■壺中ノ天■
届かないアドレス

■FC2-BlogRanking■

=====================


ASPアクセス解析

以前の記事

2010年 08月
2010年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月

カテゴリ

全体
はじまり
気持ち
M女
話しはそれるが…
懺悔
心の殻
ご主人様の心の中
未分類

お気に入りブログ

言葉の持つ意味・・・・
不倫の時間

最新のトラックバック

お仕置きを望む女
from 壺中ノ天

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

恋愛・結婚
メンタル

画像一覧

ご主人様失格

f0134048_2145273.jpg

『ご主人様失格』  

M女と付き合うと、SMの世界に存在する価値観に驚く事がある。
特に主従関係においては面白い。

ご主人様が奴隷に無理な要求をしても
それは奴隷にとっての喜びであり、“奴隷冥利”につきる事。
ご主人様にとっては、奴隷がご主人様である自分の言うとおりにする事は“ご主人様冥利”につきる事…となる。

それがどんな要求でもだ。
奴隷は心の中で葛藤する。 
“要望に応えるべき…でも、恥ずかしい…”
“命令には従わないと…でも…” 

奴隷体質のM女は強引に“開かされる”事に感じる。 強引に“従わされる”事も感じる。 
…自分の中にある本心や本能を見透かされ、見透かされた本能を弄ばれる事に反応する。
ただ“いじめられている”事に感じる…それだけではない。
自分が“望まれている”という事を言葉や行為の向こうに感じて、
自分が“欲しがられている”事に喜ぶともいえる。 
そして…なによりそんな“ありのまま”の自分が“受け入れられている”事に喜ぶ。

ご主人様体質のS男は強引に開かせる事を喜び、強引に快楽に引きずり込み快楽に漂わせ、強引に従わせる事を喜ぶ。 
それがハードにであれ、あるいは狡猾にしてソフトで緩やかにしたものという違いはあれど…。M女の本心や本能をあからさまにし、自分がそれを“望んでいる”事を、自分が“どれだけ望んでいるか”を身体や心に伝え、M女のそれを自分が受け入れ、そのM女がどんな姿を見せても、その全てを“受け止める”事を喜ぶといえる。 

関係が進むうち、主従共々いろんな選択肢が目の前に表れてくる…。


S男で“ご主人様”としては…もっと自分の望むままにするかどうか…。
M女で“奴隷”としては…もっと相手が思うがまま、望むがまま要望に応えるべきか…。

互いの存在の確かさを、より実感できるように目に見える形にする事はまだ簡単な選択かもしれない。  好みの姿にさせる事や例えばアソコの毛を剃らせること…写真を撮らせたり陰部にピアスを入れさせる事なども…

だが…時には人生に関わる選択が訪れる事がある。
そう…“人生が変わるような選択”をしないといけない事がある。

目の前に2つの道があらわれる。 
ご主人様にとっては“ついて来させるかどうか…”
奴隷にとってはさらに“ついて行くかどうか…” 

だが実際は…、強引に“開かせる”事に慣れ、狡猾にも“従わせる”事に慣れてくると… 或いは関係が深ければ深いほど…そして“絆”が強ければ強いほど…  奴隷は表面では揺れるが、心の奥底では“付いていきたい”と思っている事も多く、実質…その選択は“ご主人様次第”となる事もある。

だがそんな選択の中でさえ、
“自分の望むまま・好きなまま”選ぶ事が“ご主人様の中のご主人様”だそうだ。 

それはきっと私には代え難い喜びになり、かけがえの無いものになるだろう。
同じくその選択の中で、“要望に応える”のは“奴隷の中の奴隷”で、
そう望まれる事は“奴隷冥利に尽きる”となり、
どれだけ愛されているかを体現し味わう事となるそうだ。 

心の表側では悩み、揺れてながらも、本心で相手がどちらを望んでいるか、
それが判るからご主人様と呼ばれるようになったのかもしれない。
同時に、何がその奴隷にとっていい事か…奴隷自身が見えていない、見ていない所も見えてしまうからご主人様と呼ばれるのかもしれない…。

結局は…
私自身の幸せを全うするか…相手の幸せを守り相手を幸福へ進ませるか… その選択になる。

苦い味と甘い味…

浅はかな“男気物語”ならご主人様“だけ”はいつも幸せだろう…。 

彼女はその人生を捨てさせられたとしたら、それも幸せに感じる事も出来るかもしれないが、私は愛奴の将来を奪う事はできず、自分の望むとおりを選ばなかった…。 きっとこれからもだ。


私はご主人様失格だ。。。
[PR]
by nodandy | 2007-04-02 22:44 | ご主人様の心の中